ルアーに関する情報が満載!

疑似餌大全

ルアーによる海釣りの入門ならやはりスズキが最適

日本列島は南北に幅広く、地域によってルアーによる海釣りの対象魚も変わってきます。
ですがかなり広範囲に分布し広く親しまれている対象魚も中にはいます。
その一つがシーバス、つまりスズキです。
北海道南部から九州南部に至るまでの日本列島主要部を生息範囲とし、しかも人々の生活圏とさほど離れていない都会の港湾部や河川内・河口、サーフ等を住処としているスズキは、手軽にルアーの海釣りを楽しむ絶好の対象魚となっており、現在ではロッドやリール、ラインからルアーに至るまで多様な専門タックルが開発され、販売されています。
初心者でも大変親しみ易い魚であり、しかもチャンスがあれば80cm以上の大物も狙えるとあって、大変多くの人々がスズキ釣りに挑んでいるのです。
もしこれらの釣りに興味を抱いたら近隣の釣り具量販店に顔を出してみるのが良いでしょう。
実釣経験豊富なスタッフが手取り足とりアドバイスしてくれ、最適なタックルを提案してくれる筈です。

ルアーの海釣りはライトゲームも気軽かつ手軽で誰もが楽しめる

ルアーによる海釣りというと、少し釣りを知っている人であれば、真っ先に青物やシーバスといった時に1メートルを超える様な大物と渡り合う派手なイメージを連想しがちです。
確かにそういった醍醐味がメインを占め、淡水には無い面白さである事に間違いはありませんが、もっと気軽かつ手軽に楽しめるジャンルもまた存在しているのです。
足場の良い港湾や河川内でのフッコやセイゴ、チヌ狙い、また夏から秋にかけて接岸するメッキやカマス、ワカシやショゴといった魚種狙いであれば、それこそ子供でもライトタックルで十分楽しめる釣りとなり得ます。
自分が既にルアーの海釣りの面白さにハマっているのであれば、自分の子供にその面白さを知ってもらうきっかけ作りにも最適な釣りとなってくれる筈です。
穏やかな初秋の天気の良い休日を狙って、一度子供を連れてこれらライトゲームに連れて行ってあげるのも良いでしょう。
もちろん自らライトゲームに熱中するも良いです。
現にライトゲームのやり取りに魅了されそれしかやらなくなった人も大勢いるのです。

2017/3/21 更新

COPYRIGHT(C)疑似餌大全ALL RIGHT RESERVED